専用アイクリームで目元のしわを改善するためには!?

標準

15060485548_82bf728eff_z

老け顔を印象である程度決定するものってなんだかご存知ですか!?顔の中でも皮膚が薄い目元は乾燥しやすくしわやタルミが気になりやすい部分でもあります。それゆえにケアも難しいのが事実。

通常のスキンケアだけでは皮膚が薄い目元の保湿は補えきれず目元のしわやたるみが目立ち悪化していく原因になっていきます。目元のしわを改善するためには目元にも保湿成分をしっかりと浸透させる必要がありアイクリームを使用することで手軽に目元の乾燥を防ぐことができます。

このアイクリームの特徴として顔全体に使用するクリームよりも肌に浸透しやすく保湿効果が高いため目元に潤いやハリを与える役割をしてくれます。

アイクリームを選ぶときはお肌に合うものを選ぶことはもちろんですがデリケートな目元にも浸透しやすく保湿に優れているものを選ぶ事が大切です。目元のしわやタルミを悪化させずに改善するためにお肌に合ったアイクリームで潤いを与えてあげましょう。

オススメのアイクリームランキングはこちら→目元のしわ 解消 アイクリームランキングで検索

妊娠糖尿病を診断され、血糖値測定や食べ物の指導に!

標準

20120228142026-10S

 

二人目を妊娠中は本当に大変でした。

妊娠4か月の時、妊娠糖尿病を診断され、産婦人科健診の後に内科にも行き血糖値測定や食べ物の指導がありました。

また家でも血糖値を測定する器具を買って毎食後に血糖を測りました。

もちろ血糖値を測るだけでなく、食事にも細心の注意を払わなくてはなりません。

朝食によく食べていた菓子パンは止めてライ麦の食パンを食べるようにしました。

お昼ご飯は麺類をよく食べていたのですが、麺類は糖分がたくさん含まれているということでできるだけ麺類は避け、昼食も夕食も和食中心のメニューでした。

体に良いのは分かっていても和食ばかりでは飽きてしまいます。

また甘いものを思うように食べられません。

ジュースもほとんど飲まず水かお茶ばかりです。

何とか血糖値は上がりすぎない数値を維持していたのですが、食事に細心の注意を払わなければならない生活はすごくストレスでした。

特に妊娠9か月くらいからは甘いものが無性に食べたくなり、検診の帰りにこっそりケーキを食べたり、フライドポテトを食べたりしていました。

幸い、血糖値そのものには影響せず、インシュリンの投与などもありませんでしたが、妊娠糖尿病が原因で赤ちゃんが若干大きくなりすぎていました。

幸い安産で産まれてきてくれてホッとしましたが、出産入院中も糖尿病食ばかり食べなければなりませんでした。出産後、妊娠糖尿病が終息したようで安心しましたが、妊娠中は辛かったです。

産後のダイエットと栄養補給にはミドリムシを摂ることが多かったですね。ミドリムシ効果には様々なあるので一度チェックしてみください。

乳児湿疹はオーガニックの植物成分で治す!

標準

coolbaby

まだ、出産されていない女性は生まれて間もない赤ちゃんは、お肌がツルツルのもちもち!というイメージをお持ちの方、多くいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに雑誌やTVコマーシャルなどで見る赤ちゃんは、どの子もみんな、ふわふわのマシュマロのような肌をしていますよね。可愛い笑顔にそんなことがあるの!?みたいなことが、実際に子育てをしていると、世間一般的に見る赤ちゃんと我が子の肌の違いに、戸惑ってしまうママも少なくないようです。それが乳児湿疹なのです。

生まれて3カ月頃までは乳児湿疹が出やすく、生後1カ月の赤ちゃんだと、お肌が綺麗じゃない子の方が多いかもしれません。

3カ月を過ぎると徐々に治まってくることが多いですが、自宅でできるケアとしては、ベビーソープを使ったり、保湿用のクリームでしっかりと赤ちゃんの肌を守ることが大切になります。石鹸を使う際は泡を残さないようにすることと、保湿を心がけるといいでしょう。

赤ちゃんの肌は敏感でデリケートだから、ノンケミカルの植物成分100%のオーガニック国産ミルクローションで守ってあげましょう!

おすすめのオーガニックはこちら→アロベビー ミルクローション 乳児湿疹で検索